京都の内装仕上げ専門業者
TEL : 075-952-2175
受付時間 9:00〜18:00 (土日・祝日除く)

障害のある人が自分らしく働くためには~ のパネルディスカッションに参加しました。

わたしどものような小さな会社には、障害者の法定雇用率は適用されませんが、
”誰一人取り残さない”社会を考えた場合、障害のある方の就労は必要なことでもあると考えています。

わたしどもは、内装仕上げ工事業ですから、身体的に障害のある方の雇用は難しいですが、軽度の知的障害の方の雇用ならできるかもしれない、まずはやってみようということで積極的に障害者トライアル雇用を使い取り組んでみました。

そのとき目標として漠然と考えてことがありました。

通常1人前の職人として独り立ちできるのに平均して約2年の時間がかかります。

トライアル雇用で雇用した方が例えば3年かかってでも1人前の職人になれれば、自分で生活の基盤を手にすることができるわけですから、他の知的障害を持った方々の心の支えのような存在になってくれれば嬉しいなあということ。
そして、将来的には、その他の方々もこの方のようになりたいと思えば、またわたしどもの会社でこの方の下で修業してその方々がまた独り立ちして、それぞれに生活基盤を手に入れることができれば、こんなに嬉しいことはないなあ、そういうつながりがわたしの漠然とした夢の1つになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA